就職説明会をキャンセルしてレーザー治療を受けてきた話

就職活動への希望がようやく見えてきました。ライラプスです。

今回は、就職説明会をキャンセルしてまで、できものを取ってきた話をしようと思います。

時は遡ること年末年始

正確な時期は覚えていませんが、年末年始頃に遡ります。

ある日、肩がかゆくて掻いていたら、出血してしまいました。

とここまではまあよかったんですけれども、数日後ホクロのような状態になってしまいました。

当時は、新しいホクロができてしまったのか、それとも半年前のような状態になってしまっているのか判断できていない状態で放置してしまいました。

しかしそれが一転して一昨日ほど。急激に悪化してしまい、出血や化膿のような状態になってしまいました。

そのため、急遽病院へ行き、相談することにしました。

さらに遡ること半年前

半年ほど前、ちょうど仕事を辞める直前くらいの時期までさらに遡ります。

その時も頭皮に同じようなできものを作ってしまった経験があります。

当時は、それができてしまった場所を考慮し、液体窒素で少しずつ治療する選択肢をとりました。理由としては、レーザー治療をすると頭にメロンにかぶせるようなネットをつけなければならなくなること、それとレーザー治療が怖いなって思ったこと、あとレーザーをあてるとその部分が一生ハゲるのかなということでした。

そのため、当時はまだレーザー治療がどういったものかはまだわかっていませんでした。

レーザー治療を受けるぞ!

病院へ行くことを決め、早速病院へ向かいました。

できものの様子と場所を聞かれ、病院のベッドで服を脱いで仰向けの姿勢に。

先生曰く、やはり半年前と同じような状態になっており、なおかつ体質的な問題ではなくたまたま2回連続で別の箇所にできてしまっただけとのことでした。

そして、今回の場合は、頭皮とは異なりレーザーで無理なく治療できる箇所であり、なおかつコストもとても安く済むことから、レーザー治療を受けることを同意しました。


先生「今回の場合は、レーザーで1回で治療する方法が一般的となります。麻酔をあてれば痛みもないので心配しなくても大丈夫です。」

ぼく「あ、是非レーザーでお願いします。」



ああああああ!!!!!!レーザーって悪い怪物と戦ったり金属を加工したりするときに使うあれでしょ!!!!!

あれで体を焼くなんてやっぱり怖いお!!!!!!

…でも、これを乗り切る勇気がないと、ニート脱却なんて夢のまた夢だお!!!!!

と冗談はおいときまして、僕はそう言い聞かせてレーザー治療を受けることを決意します。

何度も液体窒素を受けたり、直接メスを入れられたりすることに比べれば大したことはないと考えれば怖くなくなりました。

実際に受けてみた


実際に受けてみたところ、いつもお世話になっている正しい医師の元でちゃんと麻酔を受けて実施したので、何も痛い思いをすることはありませんでした。

僕の思い描いていたレーザーのイメージは、先述のように架空作品で悪い怪物と戦ったり、最先端の機械で金属を加工したりするときに使うやばいやつというイメージでしたが、適切な治療を受ける上では何も怖いことではありませんでした。

もちろん、傷口のケアと経過観察は欠かさないようにし、後の通院でも問題のないように努めます。

あれ、就職説明会はどうしたの?

先日、就職説明会の案内をいただき、せっかくの機会なので参加しようと考えていました。

しかし、今日の朝になって激痛が走りました。やはり、肩にできてしまったできもののせいでした。

そのため、朝の早い段階でキャンセルの連絡を入れ、病院へ行くことを優先しました。

しかし、今回は少し遠い会場での開催だったこと、大卒やブランクなしの方がメインターゲットであることを考慮すると、必ずしも行って正解とは言い切れなかったかと思います。

今回は就職につながる貴重な機会を逃してしまい、惜しい体験となってしまいましたが、これもまた1つの体験となったのかなと思います。

まとめ

  • レーザー治療を受けてきた
  • 怖かったけど大丈夫だった
  • 就活も頑張らなきゃ