【ポケモンUSUM】シーズン7†反省会†【最終1669】

アローラ!ライラプスです。

今回はシーズン7の使用構築を紹介…といいたいところですが、今回は反省会ということにさせていただきます。

スポンサーリンク
広告1

戦績報告

・使用TN:ライラプス
・使用メンバー(中盤):リザードン/ガブリアス/サザンドラ/パルシェン/ナットレイ/カプ・コケコ
・使用メンバー(終盤):リザードン/ガブリアス/ミミッキュ/サンダー/スイクン/ナットレイ
・使用メンバー(最終日):リザードン/グライオン/カプ・コケコ/ナットレイ/ゲッコウガ/ポリゴン2
・最高レート:1910くらい(証拠がないため曖昧)
・最終レート:†1669†
※使用メンバーに関してはその他細かい変更あり

新環境に向けてレート2000乗せて好スタートを切るつもりが、2000に一度も届かないどころか、これまでの僕からは考えられないほどの絶望的な戦績に終わってしまいました。

最終レートに至っては最初に適当に10戦したときよりも低いです。

その他にも、16連勝した期間があったり13連敗した期間があったり、一撃技を通算40回くらい連続で外したり等、ポケモン始めて以来の経験も多々ありました。

どうしてこうなった

今回は7世代どころか、レート対戦を始めて間もない頃以来の酷い成績となってしまったので、何が悪かったのか原因を模索していきます。

スカーフガブリアスへの執着が産んだ悲劇

ガブリアス

XYのシーズン3からUSUMの現在までスカーフガブリアスを使い続けていましたが、ついに限界を迎えてしまいました。

現状、ほぼすべてのパーティが地面無効+フェアリーor鋼を複数採用しており、ガブの一貫を作って通していくというコンセプトを活かすことができませんでした。

特に、環境のトップに君臨し続けるランドロスに対してリザードン共々致命的に弱く、ランドロスに地震を透かされただけでほぼ負けという状況はいくらなんでも酷かったと思います。

さらに、高耐久や鋼などを多く採用したサイクルも増えており、スカーフがただの足枷となる場面も少なくありませんでした。

そのため、今の環境でスカーフガブリアスを使おうというのであれば地面無効(特にランドロス)に対するケアが万全で、なおかつ強引に一貫を作れる仕組みをパーティに採用する必要があると考えました。

とはいえ、スカガブ自体が決して弱かったわけではなく、メンバーとの兼ね合いをうまく取ることができればまだまだ活躍できると思います。

また、一時期はドラゴンZ型を試験運用しており、そちらも十分満足した運用ができましたが、僕が積み技を使うのが苦手なためやはり勝ち続けるには至れませんでした。

アーゴヨンヘの理解不足

アーゴヨン

期待の新星、アーゴヨン。

潜り始め自体が後半からだったこともあり、このポケモンに対する理解が足りていなかったことも問題点として考えています。

誰かが起点になってしまったら即3タテコースであることまでは理解できていましたが、起点を作られずに倒し切るorさらに上からトドメを刺すという立ち回りやアーゴヨンに対する与ダメ被ダメの感覚を理解しきっていなかったため、アーゴヨンに対する勝率が4割を下回ってしまいました。

アーゴヨンに勝てるポケモン、勝てないポケモンの把握も間違っていたので、ここは対戦を重ねながら学んでいかなければならないと思います。

サイクル構築なのにサイクルできない問題


今期は「ゲンガーを必要としない」かつ「ゲンガーに弱くない」サイクルを組むことを意識しました。

そのため、火力指数やタイプ相性を優先的に考え、そしてゲンガーに対して最悪でも1:1で抑えられることを意識したメンバー構成としました。

しかし、耐久面が不足していたり、定数ダメージを稼ぐ手段も少なかったり、最後は一撃技に頼ることになってしまったり(当然当たらない)と、結局本来やりたかったサイクル戦を満足にこなすことができず、対面性能も低くサイクル戦でも勝てずと踏んだり蹴ったりなことになってしまいました。

結局、対面構築のような選出と立ち回りしかできず、何もかもが本末転倒な状況に陥っていました。

精神状態の問題


仕事を失ったこと、社会への不安、家族や友人の目線、周囲との比較など、現実生活における精神面の問題を抱えていました。

それがゲームにまで影響してしまったのか、自信のある構築を組むこともできず、立ち回りも単純で安直なものしかできなくなってしまいました。

サイコフィールド下で「へー守るミミッキュって珍しいなー(実際は守ってない)」と思いながら2連で先制技を押していたり、2~3試合に1回のペースで押しミス負けがあったり、挙句の果てに押しミスの焦りで切断してしまったりと、普通にやっていたら考えられないようなミスを連発していました。

そのため、本格的に上を目指すのは生活がもう少しよくなってからにしようと思います。しばらくの間は勝敗をあまり気にしすぎず、感覚を取り戻すイメージで挑戦し、落ち着いてから本気のバトルに望んでいきます。

シーズン8以降に向けて

シーズン8からは、リザードン軸サイクルを続けるとともに、YouTubeへの動画投稿を開始します。

また、僕の大好きなポケモンである、ドククラゲとテッカグヤを活躍させる構築を裏で組めたらなんて思っています。

就職活動を本格的に再開したためより忙しくなりますが、今まで以上に生活を充実させ、なおかつ充実したポケモンライフを送れるような努力をしたいと思います。

精神状態がよくないと冷静な判断ができず、勝てる試合も落としてしまうので、生活面での精神衛生を健全に保つことから考え直していきます。

リアルの改善と動画投稿、この2つを軸にシーズン8からはもっといい結果を出せるよう頑張ります。

では。

スポンサーリンク
広告1