【ポケモンUSUM】初手パルシェン+リザードン+ガブリアス【組み合わせ考察】

アローラ!ライラプスです。

いつも使っているリザードン+ガブリアスの組み合わせに相性のいい初手要員を考えていたところパルシェンに行き着いたため、今回はその考察をしてみようと思います。

スポンサーリンク
広告1

考察にあたって

私がパーティを構築する際には、きまってリザードンとスカーフガブリアスによる対面+サイクルの軸から構成しています。

そこでいつも課題となってくるのがステルスロック展開によるサイクルの阻害です。そのため、ステルスロック要員に強いポケモンを初手要員として採用することで3体の並びを形成し、初手から数的有利をとることでサイクルを有利に進める戦法をとっています。

これまでゲッコウガやミミッキュなどを採用してきましたが、相手の展開要員がガブリアスからランドロス、カバルドン、マンムーなどへシフトしていったことで必ずしも展開阻害に有効とはいえなくなってしまいました。また、崩し性能がお世辞にも高いとはいえない型で運用することになるため、現環境で増えている耐久ポケモンの後出しにとても弱く苦戦を強いられます。

そこで、今回は現在の環境に存在するステルスロック要員の多くに強く、強力な積み技による圧力をかけることもできるパルシェンに行き着きました。

前提条件

  • パルシェンは初手要員であることを前提に考察
  • リザードンはXYどちらでも可
  • ガブリアスはスカーフ前提

考察本編

パルシェン

パルシェン

リザードンを使う上で致命的な問題となる、ステルスロックからの展開構築。

今回はそんなステルスロックを使う初手ポケモンのほとんどに強く出られるポケモンとしてのパルシェンを考えます。

技構成は相手の展開要員を考慮し、つららばり/アクアブレイク/こおりのつぶて/からをやぶるで確定。

今回の採用理由は初手ステルスロック展開への対策であるため、からやぶからの全抜きエースとしての活用前提ではなく、先発から圧力をかけていくことを中心に立ち回ります。

初手のステロ要員に対しては、破ることよりも初手で仕留めることを優先的に考えます。ステロを撒かれたらタスキを温存でき、そうでなかった場合は初手から数的有利をとることができ、交代されてもダメージを与えることによって相手の持ち物や戦法を確認できるからです。

ステロ要員でなかった場合も、水氷の攻撃範囲により高い対面性能を持ち、積み技の圧力による立ち回りの制限を常にかけられます。

持ち物の選択肢は、確実な行動保証を得ることができるきあいのタスキが最優先ですが、カバルドンを強く意識する場合はミズZも考えることができます。

このポケモンの場合、リザードン+ガブリアスでは非常に苦しいボーマンダやアーゴヨンに対して、先制氷技「こおりのつぶて」によって大きな圧力をかけられるのがポイントです。またメインがつららばりであるため、サイクルで苦しくなってくる行動保証やみがわりに対してもかなり強く出ることができます。

上記の理由より、先発要員として必要な要素を満たしてくれると考えています。

リザードン

リザードン

主軸となるポケモンです。今回も、先発に暴れてもらったあとにリザードンとガブリアスでサイクルをまわすことを意識します。

メガシンカ先はXYどちらでも活躍が期待でき、型に関しても様々なものを考慮できます。

崩し性能を意識した剣舞Xや放射オバヒY、積みリレーを形成できる竜舞XやニトチャYなど、攻撃的な型で考えましょう。

ガブリアス

ガブリアス

こちらもリザードンと合わせた主軸となります。電気タイプや相手のリザードンとの交代戦、および相手のスカーフや舞エースのストッパー、そして相手を崩した後の全抜きが中心となるため、持ち物はこだわりスカーフが大前提となります。

補完枠考察

リザードン軸とはいえ、パルシェンを採用してしまうとそれだけで鋼タイプ(特にメタグロスやギルガルド)が苦しくなってきます。

そのため、メタグロスやギルガルドに対して後出しができるポケモンが必須と考えてよいでしょう。ゴツメブラッキーやバルジーナ、ポリゴン2、ナットレイあたりは汎用性の高い受け駒であり、相性補完も悪くないため積極的に採用したいところです。後出しこそできませんが、こちらもギルガルドを採用することでさらなる圧力をかけることもできます。

ここまでに足りない要素としては、受けループやバトン展開、運ゲー戦法などへの対策となります。環境やプレイスタイルによって調整していきましょう。なんらかのポケモンに挑発やみがわりがほしいかもしれません。

先ほど紹介したものを除く候補としては、単純に汎用性の高いミミッキュや長期戦に強く裏のメガ枠として活躍するメガゲンガー、サイクル戦に強めな鋼全般、ここまでの競争率が低いZ枠などを考えることができます。

おわりに

パルシェンに関しては完全に机上論で進めてまいりましたが、実戦運用後に新たなメリット・デメリットが見えてくるかと思うので、今後改めて更新しようと考えています。

先発要員とリザードンとガブリアスの並びは対面構築とサイクル構築のいいとこ取り感覚で運用できるため、汎用性の高いスタンダード構築を愛用する方には最適の組み合わせです。

リザードンといえばカバリザのようなイメージの方も多いかと思いますが、こういった並びもリザードン軸のひとつの形として受け入れていただけたら嬉しい限りです。

以上です。ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
広告1