僕が仕事を辞めるまで

家族や友人の目線が明らかに冷たくなってきたので早急に就活を頑張ります。ライラプスです。

今回、僕が仕事を辞めることになってしまった理由と、その体験から気づいたことを語っていきたいと思います。

今回の記事は全て実体験を元に記載しております。

スポンサーリンク
広告1

悲観的な就活時代の考え

僕が就職活動をしていた頃は、常に悲観的な考えのもとで行動していました。

もしもこのまま卒業しても、一生仕事のことを考えて暮らさなきゃいけないのかな、毎日を歯車のように過ごさなきゃいけないのかな、やりたい分野の職には就けないのかな、と、そういったことばかりを考えていました。

絶えないブラック企業の噂、何十社受けても決まらない内定、周囲の学生より明らかに低いスキル、選別として機能しているかすら怪しい集団面接への葛藤…

そして仮に入社したところで、仕事は苦しいものだからやりがいを求めるのは甘え、休みなんて年に2桁あればマシ、終電があるのは幸せだ、IT土方になることの何が悪い、そんなことばかりを考えていました。

キャリアについて考えろと言われた時も「どうせみんな自分の能力や適性に関係なく会社の命令で働くんだから働き方も何も関係ないじゃん」と言って逃げました。

それでも、何をやってもまるでダメだった自分が唯一人並みにはできたと考えているプログラミング、それを武器に職を手に入れられればという理想だけは諦めませんでした。

そんな思考ゆえ、周囲の学生よりも就職活動が長引いてしまいましたが、それでも諦めずに続けようやく一筋の光を手にすることができました。

面接1回のみ、スキルよりもやる気を応援する姿勢、活気あふれる社員の飲み会の様子、外国籍も多いグローバルな環境、平均年齢の若い若手の活躍できる環境…そんな迷い人に救いの手を差し伸べるような、希望に満ちた一筋の光を僕は手に入れることができたのです。

得意なスキルもなく、やりたいことも決まらず、でも技術には興味があったそんな僕は、何も迷うことなくこの会社への内定承諾を決意しました。

その時何故か友人には止められそうになりましたが、もし仮にブラック企業だったとしてもニートになるよりはマシだし、とりあえず3年頑張れとは言うように3年耐えれば自分のやりたいことを活かせる会社に転職できるんだから大丈夫だと、そう考えた僕は内定という宝物を手に深く考えることをやめました。その考えが悪夢を呼び醒すことになるのだとはまだ知らずに…

実際に入社してから

どんなことをやるのかな、何を勉強すればいいのかな、わからないこともまだまだたくさんありましたが、やがて時は流れ社会人になる日がやってきました。

夢と希望の新社会人!

4月3日月曜日、僕は夢と希望を胸に、都内の会社へ出社します。

社長に笑顔で歓迎していただき、明るい同期たちにも恵まれ、僕は入社を承諾します。

顔合わせと研修の準備、社会人になるに向けての意気込み発表等、入社の準備にあたる大切な1日を過ごしました。

ただひとつだけ、入社前には聞かされていなかったみなし残業30時間、約4万円相当が基本給にプラス支給というところに違和感を抱きましたが、そのことを除いては何事もなくいい会社に入社できたのだと考えていました。

あれ、この会社やばくね?

2日目から研修が始まり、技術研修とビジネスマナーの教育が始まりました。Javaを活用した研修作品、言葉遣いや作法を含めたマナー教育、社会人になっていくうえで必要になるスキルを学んでいきました。

しかし、会社の都合で研修の日程がバラバラだったため、空いた時間は研修作品と自主学習に割り当てることが多かったです。

今思えばとても放任気味だとも考えられますが、それでも忙しい中教育体制を整えようとしていたので、ネットで耳にするような名ばかり研修に比べれば余程やっているほうだったとは思います。

それからしばらく経ち、僕の同期が現場へ配属されることが決まります。

しかし、同期の配属にあたるスキルシートを見て…なんじゃこりゃあああああ!?!?!?

なんと、僕の同期が1つ先輩ということになっていたのです。これは面接で嘘をつきまくってきたであろう僕達も驚きの、完全な経歴詐称ではないですか。

以前からブラック労働を繰り返してきたという本人こそ驚きませんでしたが、やはりみんな動揺を隠せなかったようです。

僕も当時は、就活で嘘をつきまくったバチが当たったんだと考えて受け入れる姿勢でしたが、詐称の罪悪感以上に2年目相当の働きができなければいけないという恐怖ばかりを感じており、正直現場に配属される前からこの会社に居続けることへの不安を感じていました。

僕の番がやってきた

それからしばらく経ち、同期が次々と現場に配属される中、残された一部のメンバーは、できる人からいなくなる研修の日々を過ごし、日に日に不安な思いと早く現場に配属されたいという思いでいっぱいになっていました。

そして時が流れ、僕が配属されるかもしれない日がやってきました。

研修の成績がよかったのか、単純にやってきたことが多かったからなのかはわかりませんが、幸いにも僕は経歴詐称から逃れることには成功しました。

しかし、配属先は世界的にも有名な企業でした。学歴も実績も世間から見れば底辺の僕は、この素晴らしい企業に足を踏み入れてもいいのかという不安がいっぱいでした。さらに、働き方改革と残業酷使の噂が同時に飛び交っており、僕の働き方はどうなるのだろうかという不安もありました。

そんな不安だらけでしたが、実際に配属された部署はとても平和な部署で、幸か不幸か温厚な皆様に見守っていただくことができました。

それなのにどうして?

しかし、元々中小企業で働きたかったのに大企業に配属される自分、能力と居場所の噛み合っていない自分、プログラミングを活かしたかったのに活かす機会のない業務、そんなプレッシャーが僕を襲いました。

結果的に今まで経験したこともなかった、ありえないミスの連発や体の硬直、唐突な眠気などに苦しめられ、それを不安に受け止められたためにすぐさま退場することになってしまいました。

その時の僕は皆様への申し訳なさと自分へのプレッシャーで、おそらく現場に残っていても、追い返されたままでいても、正常な判断ができなくなっていたと思います。

そして退職へ…

その後僕は数日間の休みをいただき、葛藤を抱えながら検討し、最終的な結論として「退職して新しい仕事を探す」ということに至りました。

幸か不幸か、会社のほうから出た意見も同じものであり、いがみ合うことなく退職することになりました。

ここに至るまでの間に、僕は業界構造や決して表には出てこない実態を知ることになりました。

結果的に僕は、3年耐えてマシなところに行こうと思っていながらまさか3年どころか1年も耐えられず、そして当初ニートになるよりマシだと思っていたのにもかかわらず結局ニートとなってしまいました。

僕はどうするべきだったのか

何故こうなってしまったのか、それは僕自身がブラックな人間だったということ、これに尽きると思います。

就職活動についてもやりたいことも明確にせず、質より量で何も考えずに応募していました。もちろん量も大切ですが、質を一切考えていなかったので、闇雲に応募してはやりたいことを答えられないという繰り返しでした。

そして先述の悲観的な考えが実際に不幸を招き(流石にあそこまで酷かったわけではないですが)、やりがいも成長もなく、その後も決して得られない可能性が非常に高く、僕の考えていた悲惨な社会人像がまさに現実になろうとしていました。

この経験を経て、次の就活では悲観的な考えを捨て、前向きに、そして正直な態度で面接を受け、本当の自分を受け入れていただけるような会社を探さなければいけないと思い、深く反省しています。

また、プログラミングが人並みにはできたとは言ってもあくまで一般文系大学生あたりとの比較であり、理系や専門分野、趣味プログラマーの人たちに比べれば鼻で笑われるようなスキルしか持ち合わせていませんでした。もっとスキルや意欲を学生時代から見せていればよりよい会社を目指すこともできたのに、僕は学校を卒業できるくらいのスキルで妥協してしまいました。

今はその後悔をバネに、みんなを見返してやれるまで勉強し、もっともっと専門的な知識を身に着けていきたいと考えています。特に機械学習の分野と先端デバイス分野への思いは変わっていないので、その分野に活かせるものを何か形として残していけるよう頑張らなければならないと思います。

以上です。

これを読んでいる就活生の皆様は気をつけてください。

就職活動は前向きに、自身を持って、でも大勢に惑わされないように気をつけてください。

最後に信じるのは自分です。自分が頑張ってきたこと、これからやりたいことを活かせる、そんな会社選びを目指してください。

スポンサーリンク
広告1