WordPressを使ってみて

ライラプスです。

今回は、新規ブログ立ち上げに伴い初めてWordPressを使ってみた感想を語っていきます。

スポンサーリンク
広告1

祝!WordPressデビュー!

というわけで。念願のWordPress&独自ドメインでブログを運営することになりました!(パチパチパチ

WordPressにはサーバーの確保やデータベースやPHPの操作など、技術的にも金銭的にもやや難しい要素があるため、今まで敬遠していました。

でしたが今回は勇気を出してWordPressで更新していくことに決めました。

なんでわざわざWordPressを使ってみたの?

今回のブログ立ち上げにあたり、「わざわざWordPressを使う必要あるの?」という意見があるかと思います。

確かに、ブログを書きたいだけなら無料ブログを使えばいいですし、Bloggerの使い勝手も無料とは思えないほど非常に良好でした。

ですが、今回わざわざコストをかけてまでWordPress+レンタルサーバーでの運用をしたい3つの理由があります。

もう三日坊主になりたくない

これに関しては言葉の通りですね。思いつきでブログを立ち上げては飽きてしまい、ログインもできなければ名義も変えてしまい、結局新しいブログを立ち上げてはこの繰り返しでした。直近のブログも比較的長続きしていたほうです。

そこで今回はあえてコストをかけて、「好きなことなんだから続けたい」という思いを絶やさないようにしたいと思います。

せっかくコストをかけているのだから、続かなければ無駄になってしまいますからね。

消極的な理由ではありますが、好きなことである「ブログを書くこと」を続けていくための覚悟を決めました。

スキル的挑戦をしたい

WordPressはインストールするだけならボタンを押していけばどうにかなりますが、複雑なプラグインの導入やカスタマイズにはそれなりの知識と技術が要されてきます。

無料ブログを使えばある程度まではHTML初心者でもとても簡単に扱えますが、複雑な機能に挑戦することは規約や機能の都合上なかなかできません。

それに対しWordPressは、最低限の機能に加えて自らの手で調べて開発していくスタンスであり、複雑な機能に対して積極的に挑戦していけます。

難易度こそ高くなりますが、自分の思い通りのページを作っていくという点、そしてPHPを学んでいくという点ではWordPressは最適な土台になってくれるのかなと思いました。

また、サーバーレンタルとドメイン取得の副産物として、自らの作品を開発・運用していくための土台も得ることができました。

この点も利用し、積極的に技術勉強ができたらいいなと考えています。

先ほどの理由とは反対になりますが、積極的な挑戦姿勢を見せていきたいという思いを決めました。

アイデンティティとして残したい

そして最大のポイントとして、私自身のアイデンティティにつながるということです。

ドメインを取得し、自らの思いで自らの伝えたいことを発信していくことで私の活動経歴をインターネットの片隅に残していけたらいいなと考えています。

この積み重ねが私のアイデンティティに、ゆくゆくは私の資産みたいなものになっていけばいいなと思います。

で?実際使ってみてどうなの?

はい。想像していたよりもずっと簡単に挑戦することができました。

UIもテーマもプラグインも想像以上にしっかりしています。

少し難しいのがデータベースの設置やサーバーへの移行などですが、こちらも最低限の知識があればすぐに理解できます。

この過程で「ちょろっと知ってるけどあまり使ったことないスキル」に少しだけ触れることもできました。中学時代は「FTPってなに?」って思っていたのがこの歳になってあっさりと理解できたので嬉しく思いました。

投稿画面に関しても一般的な無料ブログ以上に扱いやすく、テーマやプラグインによって適切な内容に切り替わってくれるので困ることもありません。

そして「外観」→「カスタマイズ」でカスタマイズしながらプレビューを見ることができるのもポイントだと思いました。

本格的な編集はCSSやPHPを直接いじっていく必要がありますが、プレビューを見ながらレイアウトを改善できるので、満足のいく見た目になるまで調整するのも難しいことではありません。

難しそうだなと思い敬遠しながらも、いざ実際に使ってみたらこんなに多くのメリットがあったので、正直今まで自前のページを作ろうと思ってこなかったことを後悔さえしています。

今後の目標

今後は、日常生活でいろいろなことに興味を持ち、思ったことをできるだけ早く記事に残していけるよう頑張ろうと思います。

目標としては「毎日1記事残す」ことを目指します。

この活動を通じて私が広い考えを持ち、多くの人のためになる活動ができ、そして私が自立していくきっかけになればとても嬉しいです。

以上です、ここまでご覧くださりありがとうございました。

スポンサーリンク
広告1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告1